about

ラフでタフなアメリカのヴィンテージに今の気分と遊び心を世田谷に馴染むようにミックスした、『setagaya american casual』懐かしいのに新しい、普通のようで普通じゃない、セミスタンダードなアイテムを 提案し続ける。

アメカジ、渋カジを通った30代~40代が今の気分で着られるのがIMPRESTORE。 
古着屋さんで気に入ったデザインを見つけてもサイズが合わずに、泣く泣く購入を断念した経験はありませんか?
IMPRESTOREでは、古着屋さんでの奇跡の出会いをイメージして商品化しています。
ヴィンテージアイテムをデザインソースに、良いところは忠実に再現しつつ、重い素材は軽く改良したり、
こんなサイズがあったらいいなー、こんな色があったらいいなー、という古着好きのデザイナー自らのテンションがブチ上がる内容をガッツリ詰め込んで商品を作っております。
古着への偏愛から12.5オンスのインディゴデニムとカットソー素材をオリジナルで作っております。
ヴィンテージの見た目で肌触りと着心地を改良した素材は、IMPRESTORE自慢の完全オリジナルの素材です。
是非お試しください。
さらに、メンズアイテムを女性が大きめに着るという昨今の流れもあるので、ユニセックスに愉しんでいただけます。

【デザイナー 市川 政人】
地元名古屋にてアパレルの企画・生産を長年に渡り担当し、2017年に上京を果たす。
服が好き過ぎて、見た事の無い服に興味津々、若かりし頃から給料の殆どを洋服に使っていたミーハー野郎。
オッサンになった今も人と同じ格好は嫌で、1周回って辿り着いたのは原点のアメカジ古着のカッコ良さ。
しかし同時に色んな良い服を見過ぎて欲しい服に中々出会えないという悩みも生じる。
更に寄る年波には勝てずディグル体力の限界に気が付き、見つけられないものは作ってしまおうと
2019年に一代奮起して「IMPRESTORE」を設立。
アメリカ人のラフさを雑と捉えず、逆に格好いいと憧れてしまう真面目な日本人が、格好つけてないのに格好いい肩の力の抜けたアメカジ古着の雰囲気を再現するべく、尚且つ世田谷に似合うように考えに考え抜いてアレンジした商品を作り続ける、日々地道に働くオジサン。


  • Home
  • About
  • Blog